52018/11

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    【SKE48】松井珠理奈「篠田麻里子にいられるうちはいろと言われたので卒業はしない」
    1: 2018/11/04(日) 21:07:33.23
    月刊ブブカ 2018年12月号 松井珠理奈 vs 吉田豪 対談 収録日 9月25日 火曜日

    要約
    ・ リクアワでの声援がすごすぎてこれは辞めたくない病みつきになるなって
    ・ 毎回リクアワぐらいの声援を浴びたい、アイドルやっててよかった
    ・ リクアワのステージでまだやりたいなと思いました、私にはまだやれることがあると
    ・ これからどんどんやっていくのにガツガツ踊りで体を痛めたら大変なのでそこは変えます
    ・ PD48の参加メンは覚悟を決めていてカッコいい。私もナゴドに立つ決意を見せたい
      でも卒業っていう覚悟はもう少ししません
    ・ マリコ様に「まだ辞めないほうがいい、いられるうちはいたほうがいい、まだまだできる」
      アドバイスをもらって「私もそう思う、頑張る」って言いました

    【SKE48】松井珠理奈「篠田麻里子にいられるうちはいろと言われたので卒業はしない」の続きを読む

    232018/6

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    【元AKB48】高橋みなみ、篠田麻里子、渡辺麻友「真面目は損する」←これ
    1: 2018/06/22(金) 17:25:57.88
    今の珠理奈に当てはまるよな
    なんであんなのに一生懸命な子が叩かれなきゃいけないんだ

    【元AKB48】高橋みなみ、篠田麻里子、渡辺麻友「真面目は損する」←これの続きを読む

    242018/5

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2018/05/23(水) 12:38:22.37
    モデルで女優の篠田麻里子が28日発売のファッション誌「MORE」7月号にて、10年間活躍した同誌専属モデルを卒業する。

    篠田の同誌初登場は2008年11月号、全部で117号分に登場。
    10年間の特集総数は569企画で、総ページ数は1565ページ、総カット数は3974カット。
    そして、専属モデルとして初めて同誌の表紙を飾った。

    今回、同誌卒業にあたり、MORE編集部は篠田の故郷・福岡県、糸島へ1泊2日の卒業旅行を敢行。
    「麻里子の軌跡、麻里子の奇跡。」と題した12ページのスペシャル特集を組んだ。懐かしい場所でナチュラルな表情を見せながら、篠田が10年分の想いを語った。

    篠田麻里子、ロングインタビューで10年を振り返る

    MOREのモデルオーディションを受けたのは2008年の夏。
    まだAKB48が世間を席巻する前だった。
    「“アキバ48”なんだよねって言われて、私、言い直したんですよね。“アキバ”じゃなくて“エーケービー”ですって」。
    受かったと聞いたときも、「なんで?って言いましたね(笑)。え、どこが?何がよかったの?って。だってスタイルがいい人も可愛い人もいっぱいいたし、当時はAKBに対してマイナスなことが多かったから。なんなら雑誌なんておしゃれなイメージなのに、“ダサい”が若干くっついてくるわけじゃないですか(笑)。そこに支障はないのかなっていうのはすごくあった」。

    その数年後には、巻頭で連載を持ち、同誌創刊以来、専属モデルとして初めて表紙を飾った篠田。
    けれど、そこに至るまで順風満帆だったわけでは決してない。
    その間の葛藤や不安、MOREとの思い出、そしてこれからのことをじっくり語ったロングインタビューは、ひとりの女性の成長の記録としても必読だ。
    さらに、10年間の懐かしい写真も満載。
    篠田とMOREの10年間がぎゅっと詰まった12ページとなっている。

    「MORE」7月の表紙は高畑充希

    そのほか、今号の表紙を飾った高畑充希のインタビューやKing &Princeの8ページにわたる特集、村上虹郎、志尊淳、中村倫也のインタビューを掲載。
    さらに、別冊付録「マネーBOOK」もついた号となっている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1768067

    「MORE」専属モデルを卒業する篠田麻里子
    【元AKB48】篠田麻里子、ファッション誌「MORE」の専属モデルを卒業

    no title

    高畑充希が表紙を飾った「MORE」7月号
    no title


    元AKB48 篠田麻里子
    no title

    no title

    no title

    【元AKB48】篠田麻里子、ファッション誌「MORE」の専属モデルを卒業の続きを読む

    132018/5

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2018/05/12(土) 14:36:45.90
    ザテレビジョン
    https://thetv.jp/news/detail/146591/830225/
    日本テレビ系で放送中の土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(毎週土曜夜10:00-10:54)の、
    5月19日(土)放送第6話に、篠田麻里子がゲスト出演することが発表された。
    no title

    【元AKB48】篠田麻里子“マタハラ”に悩む女性社員役で「Missデビル」ゲスト出演!

    no title

    【元AKB48】篠田麻里子“マタハラ”に悩む女性社員役で「Missデビル」ゲスト出演!の続きを読む

    12018/3

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2018/02/28(水) 09:21:25.75
    めっちゃ良い

    後藤萌咲@moe_goto0520
    この間の握手会の衣装が、
    『フライングゲット』の衣装で、
    篠田麻里子さんの衣装を着させて頂きました✨
    【AKB48】後藤萌咲が篠田麻里子のフライングゲット衣装を着た結果・・・

    【AKB48】後藤萌咲が篠田麻里子のフライングゲット衣装を着た結果・・・の続きを読む

    282018/2

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2018/02/27(火) 23:26:30.79
    篠田麻里子@mariko_dayo
    映像版アンフェアの未央役みーおん😎が観に来てくれました📺舞台版未央ちゃんと再開してました😊💕
    そしてすーめろ💕ありがとう😊
    今日はたくさん課題が、、、集中して千秋楽まで一生懸命頑張ります!!
    【AKB48】篠田麻里子出演の舞台版アンフェアを映像版アンフェアのみーおんが観劇【向井地美音】

    【AKB48】篠田麻里子出演の舞台版アンフェアを映像版アンフェアのみーおんが観劇【向井地美音】の続きを読む

    72018/1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    【元AKB48】篠田麻里子「ガスが止まった」どん底の過去を語る
    1: 2018/01/06(土) 20:29:39.62
    篠田麻里子「ガスが止まった」どん底期を語る

    女優の篠田麻里子が5日放送の日本テレビ系バラエティ番組「沸騰ワード10新年スペシャル」(よる7時~)に出演。一人鍋にはまっているという篠田が鍋のこだわりを語り、鍋にはまるきっかけとなった生い立ちや上京当時の苦労話を明かした。

    ◆篠田麻里子「ほぼ毎日」鍋を食べる こだわりを熱弁

    番組では「一人鍋に取り憑かれた女優」として篠田に密着。店でも家でも「週3、4回ぐらい。ほぼ毎日」鍋を食べるという篠田は、「ルールめちゃめちゃありますよ。順番と配置はめちゃくちゃ厳しい」そうで、
    「真ん中と手前にお肉で、お肉のまわりにキノコ類を入れるんです。そしたらお肉が柔らかくなるから肉のまわりは絶対キノコ」「後ろは大体葉物」などとこだわりを熱く語った。

    ◆「ガスが止まった」AKB48初期のどん底時代を告白

    なぜ一人鍋を続けるのかという疑問に対して、篠田は「家が結構厳しくて…。普通の家庭なんですけど教育は厳しかった。ずっとご飯が茶色(玄米)だったんですよ。(おかずは)基本鍋ですね。それが全てだった、鍋しかないと思ってました」と子どもの頃の食生活を振り返った。

    さらに、篠田は19歳の時に家族にも友人にも言わずに勝手に上京。「夢もなかったし、自分がしたいこともなくて」という状況の中、見つけたAKB48のオーディションで最年長メンバーとして合格するも、「クリスマスイブの日にガスが止まったんです。
    お風呂に入ろうと思って裸の状態でシャワーつけたら水しか出なくて…。もう涙が止まらなくて、辛いのと悔しいのと」とどん底時代を過ごしていた時に仕送りで送られてきた野菜を鍋にして毎日食べていたことを明かした。

    ◆篠田麻里子、一人鍋卒業!?宣言も

    「寂しいですよ、だけどそれが負荷なんです。自分にとっては成長するなって思うんです」と一人鍋を表現した篠田は、「鍋がなかったら、私今ここにいないと思います」と寂しさに耐え忍ぶことで強い心を持つことができたという。しかし最後には「2018年は一人鍋からみんなでやります!」と宣言し笑いを誘った。(modelpress編集部)


    篠田麻里子 (C)モデルプレス
    no title

    https://mdpr.jp/news/detail/1738906

    【元AKB48】篠田麻里子「ガスが止まった」どん底の過去を語るの続きを読む

    312017/12

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2017/12/30(土) 19:07:40.01 ID:lcp7LPb/0
    偉大な存在だったな

    36: 2017/12/30(土) 19:43:39.40 ID:GsQ03swCa
    【AKB48】篠田麻里子、小嶋陽菜みたいな長身美人のメンバーはもう現れないのかな?


    真ん中の存在感

    【AKB48】篠田麻里子、小嶋陽菜みたいな長身美人のメンバーはもう現れないのかな?の続きを読む

    52017/12

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    【元AKB48】篠田麻里子、「苦痛でしかなかった」女優に開眼
    1: 2017/12/04(月) 10:01:13.99
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000002-flix-movi&p=1

     AKB48を卒業して約4年、ファッションモデル、タレントとして活動するその一方で、映画、ドラマ、舞台など、女優業にも
    力を注いできた篠田麻里子。地道に努力を積み重ねたその成果が、最新映画『ビジランテ』(12月9日公開)の悪女役で
    大きく実を結ぼうとしている。「女優として、全てをさらけ出す覚悟ができた」と意気込む篠田が、芝居に対する意識の変化、
    さらにはアイドル時代に学んだ自身のブレない生き方について真摯に語った。


    年初めに体当たりで演じた悪女

     本作は、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督が、故郷・埼玉県深谷市を舞台にしたオリジナル脚本を
    自ら映画化した衝撃ドラマ。父親の死をきっかけに、失踪していた長男・一郎(大森南朋)、市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介)、
    風俗店経営者の三男・三郎(桐谷健太)とバラバラだった3兄弟が再会したことで、それぞれの思いがぶつかり合い、やがて破滅的な運命へと堕ちていく。

     夫の出世のためなら手段を選ばない二郎の妻・美希役に抜擢された篠田は、男臭い俳優陣に混じって、体を張った
    入魂の演技をスクリーンに焼き付ける。「2017年の仕事始めが、わたしが出演するシーンの中で一番過激なシーンだったので、
    『今年はきっと、お芝居の年になる』という予感がしました。案の定、この撮影を乗り越えられたおかげで、お芝居に対する恐怖心が
    自分の中から無くなった」と述懐。「策士なのか、夫を愛するがゆえの執念なのか、美希は一筋縄ではいかない複雑な役なので、
    尻込みしそうになりましたが、お正月の1発目、入江監督に気合いを入れていただいた感じですね」。


    アイドルと女優は真逆のアプローチ

     どちらかといえば“演じる”ことは苦手だったという篠田は、気持ちの変化をこう表現する。「わたしの中に、アイドルは自分で
    理想像を作り上げていくもの、という思いがあったので、自分はこうあるべき、自分にこれは似合わないなど、自己プロデュースに
    対する意識が強かった」。これに対して女優は、篠田にとって真逆の存在。「むしろ、自分をさらけ出していくのがお芝居の真骨頂。
    自分の弱さを見せることが苦手だったわたしにとっては、苦痛でしかなかった」。

     しかし、地道に経験を積むうちに、苦痛は快感に変わっていく。「恥ずかしさを捨てて、自分のいい部分も、悪い部分も、思い切って
    見せていくことによって、新たな発見もあり、人間力の向上にもつながる。それが、だんだん『気持ちいい』と思えるようになってきた。
    そしてめぐってきた本作への出演。もはや、テレビドラマでは作れないドロドロの人間模様、美希役を通して女優としてやっていこうという
    覚悟ができた」と語気を強める。


    AKB48卒業間際のジレンマ

     AKB48を卒業する際、最年長になり、若手に教える立場になった篠田は、「ここにいたらもう成長できない。もう1度、フィールドを
    変えて新人に戻りたい」という思いが強くなったと振り返る。「だから、ソロデビュー後は、いただいたお仕事が何であっても、
    一つ一つ集中し、やり切ることだけを考えていた」と告白する。ファッションモデル、タレント、そして女優……確かに篠田の中で
    絞りきれない日々が続いていたようだが、「今は『お芝居をやりたい』と明確に言える自分がいます」。

     「潰すつもりで来てください!」AKB48 27thシングル選抜総選挙で後輩を挑発したスピーチを覚えているだろうか。その裏には、
    AKB48で培った篠田の生きざまが隠されている。「センターは前田敦子、大島優子と揺るぎない存在がいるし、背が高いので選抜に
    選ばれても後方の端ばかり。そういうポジションで何ができるだろう? と考えたときに、『ファンを増やすこと』しかないと思って、
    自分の“道”を探し始めたんです。握手会やイベントで必死にファンを獲得する努力をすることで、次の年、前田、大島に次いで3位を
    獲得することができた」と当時を回想する。

     「つまり、自分の中で自分にできる“努力”の方法を見つけて、目標とする立ち位置を自分で獲りにいく。それは芝居の世界でも同じこと。
    『いつか、自分にも大きなチャンスが来る』と信じて、そのときのために準備をしておくことが大事。『潰すつもりで来てください!』という
    言葉は、後輩たちにその意識を持ってもらいたかったから」と目を輝かせる。

     諦める前に、自分のできることを地道に積み上げる努力。本作にめぐり会えた篠田は、きっと、めぐり会うべくして、めぐり会えたのだろう。

    【元AKB48】篠田麻里子、「苦痛でしかなかった」女優に開眼の続きを読む

    152017/10

    このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
    1: 2017/10/14(土) 06:06:39.13 ID:cM3ICrqCa
    篠田麻里子“くノ一”で水戸黄門参戦 ポスト由美かおる 入浴シーンも
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/14/kiji/20171013s00041000259000c.html
    女優の篠田麻里子(31)が、6年ぶりにBS―TBSで復活した時代劇「水戸黄門」(水曜後7・00)にくノ一役で出演する。
    武田鉄矢(68)演じる主人公・水戸光圀公を付け狙う役どころ。“お色気担当”としてお約束の入浴シーンの撮影にも挑戦した。1
    8日放送の第6話から登場する。
    【速報】篠田麻里子がくノ一役で水戸黄門に出演!ポスト由美かおるに

    【朗報】篠田麻里子がくノ一役で水戸黄門に出演!ポスト由美かおるにの続きを読む